カードローン審査。銀行系・キャッシング低金利・即日融資おすすめランキング。簡単お試し

カードローン審査。銀行系・キャッシング低金利・即日融資おすすめランキング。簡単お試し

カードローンの審査はどんなことが審査される?


カードローンでお金を借りるためには、そのカードローンの審査に通過する必要があります。
いつお金を借りられるか、どれくらいの期間でお金を借りられるか、というのはこの審査をいつ受けることができて、審査結果がいつくらいにわかるかということによって大きく変わってきます。
審査内容は、細かい部分はそれぞれのカードローンによって違いますが、基本的な部分は同じです。
当サイトでは、カードローンの審査について、審査のおおまかな内容と基本的な部分について、簡単にご説明いたします。
これから審査を受けようと思っている方はぜひ参考に、審査に通過できない方は、もう一度基本的な内容を見なおしてみましょう。

 

基本的なカードローン審査の内容

細かい審査内容というのは、それぞれのカードローンによって違いますので私達にはわかりません。
ただし、審査を受ける際にこれだけは確実に抑えておく必要があるという審査ポイントがあります。
これは、銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも信販会社でも同じですので、まずは自分がこの審査ポイントに引っかかっていないかどうか確認しましょう。

収入はありますか?

アルバイトでもパートでも派遣でもOKなのですが、自身に収入はありますか?
消費者金融や信販系カードローンの場合は、自身に収入があることが第一条件です。
銀行カードローンは自身に収入がなくても審査に通過できる場合もありますが、自身に収入があればよりいいですね。

現在他社の借り入れはありますか?

他のカードローンなどでの借り入れがある場合、何社ほどあるかどうかというのも条件のひとつです。
細かい数や金額はそれぞれ違いますが、平均として3社程度、金額は年収の3分の1以下である必要があります。
銀行カードローンの場合はこの条件に限らないですが、消費者金融や信販系の場合は総量規制という法律があるため、自身の年収の3分の1以上の場合は審査に通過することができませんので気をつけましょう。

返済などの遅れはありませんか?

現在、どこかのカードローンやキャッシングで返済の遅れや滞納がある場合は審査に通過できません。
そのようなことがないか、今一度確認してみましょう。

 

基本的に銀行カードローンと、消費者金融・信販系カードローンは少し違います。
消費者金融・信販系カードローンやキャッシングには総量規制という法律が適用されるのに対し、銀行カードローンは総量規制対象外です。

 

カードローンの審査時間 何時までなら審査可能?

即日融資のカードローンは、平日も土日も祝日も、いつでも申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。
ただし、24時間営業しているわけではありません。
契約するために必要な審査は人間が行っています。そのため、本審査の回答ができる時間までに申し込まなければその日のうちにお金を借りることができません。
カードローンの本審査時間は概ね9時〜21時頃までですが、ATMは深夜0時までだったり、24時間開いているところもあるので、とにかく本審査時間にさえ間に合えばお金を借りることは可能です。

 

それぞれのカードローンで審査可能時間が微妙に違うので、下の表を参考に、その時間までに審査を受けるようにしましょう。

 

会社名 審査可能時間
プロミス 9時〜20時
アイフル 9時〜21時
アコム 9時〜21時
モビット 9時〜21時

 

土日でも、祝日でも自動契約機とインターネットなら審査可能。店舗窓口は平日の18時頃までしか開いていませんが、契約そのものはいつでもできるので、急にお金が必要になった時は非常に便利です。

 

カードローン 審査に必要なものは?

カードローンの審査に通過しない原因第1位は、書類の不備
中でも最も多いのは住所変更を行っていない場合です。
即日融資の場合、審査で提出する書類は身分証明書のみの場合がほとんど。
その中での不備となると、やはり免許証の住所と現在の住所が違うという場合が多いですね。

 

現住所が身分証の住所と違う場合、住民票のコピーまたは公共料金の請求書や領収書などが2通以上必要です。
住民票のコピーは役所に行ってもらってこなければならないので、すぐ手元に準備することができないため即日融資ができないという場合もあります。
こうなってしまうと非常にもったいないですよね。

 

不備がないよう、審査に必要なものがちゃんと揃っているかどうかもう一度確認してみましょう。

・書類のミスはないか?書類は揃っているか?
身分証明書(免許証・住民票・保険証のどれか)
印鑑(スタンプ印でないもの)
・免許証の住所は正しい現住所か?
・住所変更をしていない場合は、公共料金の請求書や領収書を持参する
・借りたい金額によっては収入証明が必要
・在籍確認用の社員証や給与明細など

 

在籍確認は電話で行われますが、時間的に営業していない時間の場合は社員証や給与明細で一時的に契約してくれる場合があります。翌日以降に在籍確認を行うということで即日融資ができる場合がありますので、念のため持参していくといいでしょう。